ビルドマッスルHMBだけでは意味がない

ビルドマッスルHMBの主要成分であるHMBは、アミノ酸の一つであるロイシンが変化したものです。
研究から、1日で1.5gのHMBがあれば筋肉増加効果があることがわかっており、1日4粒が規定量であるビルドマッスルHMBは、この1.5gを摂取できる量が含まれています。

ロイシンはトレーニング中に筋肉が分解されるのを予防してくれるものですから、できるだけ高い効果を狙うのであれば、トレーニング中に飲むのがおすすめです。

ビルドマッスルHMBはただ飲むだけで筋肉が増えるわけではなく、あくまでもトレーニングのサポート食品ですから、筋肉トレーニングをおこなっていないと意味がないです。
残念な事に、トレーニングをしなくても飲むだけで筋肉が増えると勘違いしている人もおり、その結果「効果がない!」として摂取するのをやめてしまうというのですから、もったいない話です。

ビルドマッスルHMBを飲むなら、筋肉トレーニングは欠かせないのです。

ビルドマッスルHMBでダイエット

ビルドマッスルHMBには、ダイエット効果も期待できるとして女性にも注目されています。
バイオペリンやシニュリンPFといった成分が、脂肪を燃焼させてくれる効果を持っているからです。

ただし、飲むだけでダイエットが成功するわけではありません。
運動や食事制限など、ダイエットにプラスする形で使用しないと意味がないのです。

ビルドマッスルHMBを飲んでから運動すると脂肪燃焼を促進し、食事制限における栄養補給にもなるのです。
また、ビルドマッスルHMBは1日の摂取量4粒ですが、カロリーは4キロカロリーと低カロリー食品となっていますので、これが元で太ることはありません。

ちなみに、ビルドマッスルHMBのダイエットサポート力を効果的に発揮させるには、筋肉トレーニングと有酸素運動を組み合わせておこなうのがポイント。より高く脂肪を燃焼させることができます。

ちなみに、ビルドマッスルHMBを飲んでから筋力トレーニング、そして有酸素運動と、その順番に気を付けることも大事なポイントです。