ビルドマッスルHMBの働きと効果

ビルドマッスルHMBは、効率よくトレーニング効果が得られるとして人気のサプリメント
筋肉増加といえばプロテインが定番となっていますが、それよりも高い効果が期待できるといわれています。

筋肉を鍛える一般的な方法としてトレーニングがありますが、これは筋肉を分解して合成させています。
ビルドマッスルHMBでは、筋肉の分解を抑え、筋肉が減りにくく、かつトレーニングの効果が出やすいようにサポート。
ビルドマッスルHMBを使った実験では、摂取したグループと摂取しないグループでは、同じトレーニングをしたのにも関わらず筋肉量の増加に大きな差があったそうです。
それは、摂取したグループは数キロ増えましたが、摂取しなかったグループは1キロにも満たなかった…
という数字でも表れるものとなっているのです。

このHMBの正式名称は、「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」。
アミノ酸の一種で、同じく必須アミノ酸であるロイシンを摂取することで合成・生成されます。
アメリカではアスリートを中心に使われていたのですが、日本では2010年からようやく認可され、食品として販売されるようになりました。

HMBはロイシンを摂取することで生成される物質ですが、大体5%ほどしかできないといわれています。
トレーニングには1日約3gのHMBが必要ですから、60gのロイシンが必要となります。

食品からロイシンを摂取しようとなると相当な量になりますし、プロテインでも300gは摂取しないといけなくなります。
とてもじゃありませんが非現実的。
ビルドマッスルHMBは無理な範囲での量ではありませんので、トレーニングに支障を出すこともありません。

また、ビルドマッスルHMBは医薬品や医薬部外品ではなく食品ですので、副作用などの心配はなし
主成分であるロイシンもアミノ酸ですから、適切な範囲内であれば安全。

他に含まれている成分は、カルシウムHMBやトンカットアリ抽出物、コロハ種子抽出物、黒胡椒抽出物、シナモン樹皮抽出物、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-バリン、L-ロイシンと、どれも副作用が心配されるようなものではないのです。

ビルドマッスルHMBの口コミ体験談

20代・男性

「プロテインを飲んで筋トレをおこなっていましたが、ビルドマッスルHMBの方が簡単で、その効率の高さを身をもって感じます。今ではビルドマッスルHMBだけをトレーニング時に使っています」

20代・男性

「毎日、体重と体脂肪、筋肉量を測るのを習慣としています。
ビルドマッスルHMBを飲み始めて、それまでとは違う早いトレーニング効果を感じています。
忙しくて少ししか運動ができなかった時でも効果を実感できるのは嬉しいです」

30代・男性

「プロテインは牛乳や水でシェイクして飲むなど、面倒で手がかかっていました。
それが煩わしくもあったのですが、ビルドマッスルHMBにしてからそうした手間がなくなりストレスも減りました。
忘れないように、常にカバンの中に常備しています」